キャッシングの金利と審査の関係性

すべての金融業者に当てはまるわけではありませんが、金利が高ければ高いほど審査は緩くなり、金利が低ければ低いほど審査は厳しくなるということはキャッシングでは常識と言えます。その理由は貸付を行う金融機関から見れば明らかで、貸し倒れのリスクを金利の高い低いで調整しているのです。

利用者の貸し倒れのリスクが低いということであれば、金利を低くしても貸付が不良債権となりませんし、貸し倒れリスクが高いのであれば不良債権になってしまうリスクを相殺するために金利を高くする必要があります。つまり、キャッシングの審査に通らないということは、金融機関から貸し倒れのリスクが高いと判断されている可能性が高いことが考えられます。