キャッシングやカードローン、在籍確認が難しい場合は

キャッシングやカードローンを契約する際には、通常、職場への「在籍確認」が行われます。

これは、本当にその会社に所属しているかどうかを確認するために行われています。

しかし最近の会社では「外部から連絡できる電話番号がない」「電話番号があるものの基本的には電話対応を行っていない」というところもあります。

そんなときに考えられる対策は2つあります。

1つめは、あらかじめ在籍確認の連絡が来ると伝えて会社に対応してもらうという方法です。そして、2つめは、書類で在籍確認の代わりとしているところで契約するという方法です。消費者金融などでは、必要な書類を提出することで在籍確認の電話連絡の代わりとできる場合があります。電話による在籍確認が難しい会社に勤めている場合は、書類で対応してもらえるところに申し込みをしてみましょう。