契約前のキャンセルも信用情報に載るので注意

せっかく申し込みをしたとしても、家族の反対や時間がかかりすぎたりするようなことがあるという事情により、キャッシングの申し込みを取りやめにするようなこともあるでしょう。

実は契約前のキャンセルというのも、申し込みをしたということの信用履歴に載ってしまうようなことになります。

何らかの理由により、キャンセルというような事情もあるかもしれませんし、一度キャンセルをした程度ではそこまで大きく影響があるというようなことでもありません。

ですが、信用情報に残っていると、次に契約をする際に悪影響を与えるないわけではありませんので、できればキャンセルという事態は避けましょう。

また、確認書類送付後は解約という形になりますので、これも影響度合いが変わってくるので注意が必要です。