家計把握から生活レベルダウンで節約成功

私は子供が生まれてから、忙しさを言い訳に家計を全く管理していませんでした。毎月、月末に貯蓄の総合計をネットバンキングでチェックすると、どんどん貯蓄が減っていきます。これはいつか本当に貯蓄がなくなると思い、まずは家計把握の為、家計簿を作成しました。見事に毎月赤字です。

まずは家計の中で、費用削減が可能な項目と、不可能な項目に振り分けました。住宅ローンや各種保険は削減不可能です。削減出来るのは、子供のオムツや私の化粧品、洗剤等の生活消耗品でした。完全にカット出来る項目は無かったので、これらのレベルを落として、少しでも安い物に変更した結果、節約に繋がりました。

我が家の場合は、ちょうど子供が乳児から幼児になったタイミングでしたので、オムツや洗剤の変更が容易でした。私は年齢的に化粧品はレベルダウンしたくなかったのですが、無駄遣いと言えば無駄遣いですので、中高生が使う様なプチプラコスメに変更しました。定期預金の解約も考えましたが、今では無理であろう金利でしたので、主人と相談して解約はしないことにしました。

貯蓄が減っているとは言え、子供の教育費用、車検費用、固定資産税、自動車税等の積立は出来ていますので、この調子で節約に励み、貯蓄を増やしていきたいです。