小銭貯金ならラクラク節約できちゃいます

「節約」とか聞くと、私にはできないとか、無理と思ってしまいがちですよね。

でも、ここで少し考えてみましょう。

例えば1000円は、100円が10集まって1000円になっています。

1000円を毎日貯金するのは大変に思えても、100円を貯金するのはそれほど大変には感じられないと思います。

そして10円ならより簡単に貯金できると思いませんか。

私が無理なく友人との温泉旅行を実現できたのは、実はこの小銭端数貯金にあったのです。

私がやった方法は次の通りです。

(1)買い物をして10円単位以下の端数が出たら、その金額を貯金する。

つまり、3800円の品物のときは貯金しないけれども、3580円の品物を買ったときは20円を貯金です。

1620円の品物のときは80円を貯金します。

3800円に4000円を出してお釣りの200円を貯金するのはちょっと多いかな、と思っても、

20円や80円ならま、いっか、と思うことができてしまいます。

(2)自分へのお駄賃を貯金する。

家事や仕事や買い物など、うまくできたり早くできたり、買いたいものを我慢できたなど、

自分へのご褒美として貯金します。あくまでもお駄賃なので、30円とか50円とか、10円単位で自分を誉めて貯金します。

誉められればいい気分だし、少しずつでも確実に貯金できていきます。

ちなみに1円単位でも貯金します。つまりはお釣りが10円以下の単位なら喜んで貯金しよう!ということなのです。

最初から自分がいくら出すかというのにも左右されますし、時々うっかりして忘れたりしましたけれど、こうして5か月経った後には

日帰りではあるものの友人と温泉旅行に行くことができました!