総量規制対象外のローンとキャッシングの違いとは

お金を借りる方法としては、カードローンやキャッシング、目的別ローンなどがありますが、近年では、貸金業法に総量規制という仕組みが導入された事で消費者金融会社や信販会社など貸金業法の下で営業をしている企業は、利用者に対して年収に応じた限度額の総額を制限する事が義務付けられています。

銀行や信用金庫が提供している個人向けの融資であるカードローンは、銀行や信用金庫が貸金業法とは無関係である事もあり、総量規制対象外のローンとして扱われています。また、多目的に使えるキャッシングとは違って、特定の目的にしか使えないマイカーローンや住宅ローンなどの目的別ローンも総量規制対象外のローンです。キャッシングと併用する事で、総限度額の上限に対する工夫を凝らした使い方が出来るでしょう。