総量規制対象外の銀行カードローンのメリットとデメリット

銀行のカードローンは総量規制対象外になっている為、消費者金融を利用する場合よりも多額の融資が受けられる可能性も充分に考えられます。

銀行の審査では収入状況や他社からの債務状況、居住形態等の情報によって融資額などが決定されます。その為、高額な収入を得ている方や他社からの債務がない方などの場合は、消費者金融で規制されている融資限度額以上の融資を受けられることもあるのです。もともと、銀行カードローンは最大融資額が消費者金融よりも高額になっていることが多くなっています。収入などの条件が優れていれば、高額な融資を受けやすい性質を持っていると言って良いでしょう。

収入に対して高額な融資を受けたい場合は、総量規制対象外の銀行カードローンを利用することが最も効果的です。しかし、銀行カードローンを利用して多額の融資を受ける場合には、注意しておきたい点があることも否定はできません。

消費者金融では総量規制によって借りられる金額が制限される為、返済負担が大きくなり過ぎるのを防ぐことが可能です。ところが銀行カードローンでは思いのほか高額な融資が受けられてしまうケースもあり、返済負担が大きくなってしまう可能性も出てきてしまいます。銀行カードローンには総量規制対象外というメリットがありますが、これがデメリットとなり得る点にはきちんと注意しておきたいものです。