自動契約機コーナーを利用したキャッシングなら早い

大手消費者金融が設置している自動契約機は、申込みに必要な書類と身分証明書を持参すれば、1時間程度で専用ローンカードの発行まで可能です。即日審査だけでなく即日借入が出来ることから、手軽にキャッシング出来る手段として知られています。

しかし、自動契約機コーナーに長時間いることは、閉所恐怖症の人にとって苦痛となりやすいので、本来よりも暗い表情を浮かべがちです。自動契約機コーナーでは、審査段階でもしっかりとカメラ経由で来店者の表情まで読み取った上で審査を行なっています。

キャッシングを行なう方法には、インターネット経由で審査を受けることが出来るようになったので、自動契約機コーナーの利用は専用ローンカードの発行のみに利用すれば審査段階で挙動不審を理由に落とされてしまうリスクを減らせるでしょう。

インターネット経由で審査に通過していれば、専用ローンカードを発行するために自動契約機コーナーへ入室する際に、本人確認書類提示時点で閉所恐怖症と伝えることが出来ます。また、インターネット申し込み審査段階で、専用ローンカードの受け取り方法に自動契約機コーナーを指定する時には、広めのスペースがある場所を教えてもらうと良いでしょう。