アルバイトでもある程度のお金は借りられる

アルバイトで収入を得ている人でも、銀行や消費者金融からお金を借りることはできます。最近のキャッシングやカードローン商品では、特に勤務形態を限定していないことが多いからです。正社員として採用される人ばかりではなくなっている現代社会の流れに合わせ、銀行や消費者金融では、融資の申し込み条件もだいぶ緩和されているのです。

キャッシングやカードローンの審査で重要なのは、安定した収入を得ていることです。たとえ正社員ではなくても、継続的に仕事をして収入を得ていれば、派遣社員やアルバイトの人でも審査に通過できる可能性は充分にあるのです。ここには収入が安定しれば返済資金を確保しやすいはずであるという金融機関の判断が存在しており、近年のキャッシングやカードローンでは雇用形態だけにとらわれず、他の方法で収入の安定性が判断されるようになったのです。その為、アルバイト労働者であることがキャッシングやカードローンの利用の妨げになる可能性は非常に低いと言えます。

収入の安定性を測る上で現在必要となっているのが、勤続年数です。勤続年数が短いと収入が安定していないと判断されてしまう可能性がありますが、そこそこの長さの勤続年数を備えているなら、審査もそれほど心配する必要はないでしょう。

ただし、借りられる金額に関しては一概に断言できるものではありません。この点は銀行と消費者金融でも扱いが大きく異なるので、注意が必要な部分でもあります。

まず、より手軽にお金を借りやすい消費者金融から見ていきます。消費者金融の場合、やはり審査が甘い傾向がある為、アルバイト労働者でもお金を貸してもらいやすい傾向が強いと言えます。ところが、消費者金融で借りられるお金は総量規制によって制限されてしまっています。

総量規制では年収の3分の1の金額までしか融資を受けることが出来ません。つまり、50万円借りたいのであれば、約150万円の年収を得ていることが必要になるのです。フルタイムではないアルバイト勤務でも、勤務時間や時給額次第では年収150万円を超えることは不可能ではありません。つまり、収入次第では消費者金融でも充分に必要な金額を借りられるということになります。

もちろん、年収が150万円以上なら必ず50万円借りることが出来るというわけではありません。審査の結果次第では、50万円よりも少ない金額しか貸してもらえない可能性も考えられます。特に初めてキャッシングを利用する方の場合、融資額は少なめになる傾向が強いものです。その為、もしかしたら50万円借りられない可能性もあることも考慮しておきましょう。

銀行の場合、年収によって融資額が制限されることはありません。つまり、年収が150万円に満たなくても、希望の50万円が借りられる可能性があるというわけです。

と言っても、やはり銀行でお金を借りる場合にも審査が行われます。審査の結果次第では融資が受けられない場合もあるし、融資額がもっと小さくなってしまう場合もあります。特に年収が若干低めの方の場合は、50万円の融資枠を獲得するのも簡単ではなくなるので注意しましょう。