キャッシングと限度額

キャッシングは急にお金が必要になった時、すぐにお金を借りる事ができる便利なサービスです。
ただ、お金は無制限に借りる事ができる訳ではなく、限度額が設定されます。

限度額は、利用者の年収等の条件、そして審査の時に希望限度額から設定されます。
少しでも多くのお金を借りられる方が便利と考える人は多いでしょう。

ですが、この限度額には上限があり、総量規制の対象となる消費者金金融の場合は年収の1/3までとなっています。
年収が300万円の人であれば、100万円が限度額の上限になりますが、審査の時に100万円の限度額を希望しても、その通りにならない事が殆どです。

最初に設定される限度額は50万円以下となる事が多くなっています。
そして、年収300万円の人の場合、100万円の限度額を希望するよりも、50万円以下の限度額を希望する方が、審査に通りやすい状態となります。

限度額は少しでも多い方が良いと考える人もいますが、キャッシングで借りたお金は利息をつけて返済をしていく必要があります。
借入金額が多くなると、利息も増えるので、キャッシングを利用する時は、無理なく返済ができる範囲での利用がおすすめです。

その為、慣れない間は、50万円以下の限度額での利用を考えておく方が良いでしょう。