総量規制対象外で利用出来る業者について

貸金業法が改正が2010年に行われ、個人年収の3分の1を超えた借金が出来なくなったものが総量規制ですが、全ての貸金業者が規制対象になっているわけではなく、総量規制対象外の業者としては銀行、農協、信用金庫等があります。

そこで総量規制対象外で利用出来る銀行や農協、信用金庫の中でも、どこの業者を選択するのかは迷うものですが、一般的に銀行は審査基準が高いですが金利設定が低くて有利であり、大きな融資枠での借入も可能です。

農協や信用金庫の方が銀行よりも借入しやすい傾向にありますが、大手銀行程に低金利で大きな融資枠というわけでもないですし、大きな借金を行いたい時には銀行は有利と言えます。

借入状況によってはこれらの総量規制対象外で利用出来る所はどこも利点がありますし、社会的にも信用出来る所ですから、安心して借入を行う事が出来ますし、返済の計画を立てながら使うならばどこも有効活用出来るものです。

もちろん誰でも利用出来るわけではなく、返済能力をチェックされて認めて貰える事で利用出来ますし、総量規制対象外での借入を行えると言っても返済生活に余裕を持った利用が望ましく、収入に対して借入額を増やし過ぎると負担になります。

計画的な利用を行う事が必要です。