キャッシングの電話確認は1分で終わる

キャッシングの際に行われる電話確認は、早ければ1分で終わるものなので何も心配することはありません。この電話の確認で会社に対して融資の申請をした人がお金を借りることが知られることもありません。キャッシングの電話確認には何も危険性がないということを大前提として知っておきましょう。

では、なぜそもそもキャッシングの審査では電話の確認を行うのでしょうか。これには、法律的な明確な理由が一つあります。それは、融資の審査を簡易的に終わらせるためなのです。

キャッシングは、銀行が提供する大型の融資と異なって消費者に対して小さなお金しか貸しません。実際、一度の融資で1万円程度のお金からでも借りることができるため下限に関する制限が非常に曖昧なのです。

そのかわり、融資や金利に関する上限に関しては非常に厳格で必要以上に大きくすることはできないことが決まっています。これは、貸金業法という法律によって決められておりキャッシングのような貸金に関するサービスに対して必ず適用されます。

そして、こうした規制の中には融資に関する総量規制という特殊な規制が存在します。総量規制は、融資の申請をした人物の年収の三分の一を上限として融資の上限額を設定する規制のことを言います。

融資の上限額を消費者の年収に求めることによって、より安全なサービスを実現しようとしているのです。こうした規制がある影響で、キャッシングに関しては銀行の融資と異なって最初から法律によって融資に関する安全面が担保されていると言えます。

では、このような法律によって影響を受けるものとはなんでしょうか。それが、少額融資であるキャッシングの審査です。これほど安全性の高い法律が最初からあるのならば、貸金業者のほうで特別に厳しい審査を実施しなくても融資の契約で危険性が生じることはありません。

年収の三分の一を超える融資ができないわけですから、返済に関する負担がそれ以上になることはないのです。そのため、どこの貸金業者であってもキャッシングの審査はわかりやすくて簡潔なものが多いのです。

会社に対する電話確認は、そうしたわかりやすくて簡潔な審査の一つです。なぜ会社に電話確認をするのかというと、本人が本当にその会社で働いているかどうかを確認するためです。本来ならば、書類を提出させて厳格に審査をするところなのですがキャッシングの場合はそれほど厳格な審査は必要になりません。代わりに、会社に一言その人が本当にその会社に在籍しているかどうかを確認することでキャッシングに必要な収入を得ているかどうかを確認するのです。

こうした収入に関する確認のことを在籍確認といいます。在籍確認では、貸金業者は身分を名乗らず架空の会社の名前や担当者の名前だけを告げます。在籍の確認の有無だけを取るため他の詳しい内容を聞くことも一切ありません。

会社の同僚や本人がその電話にきちんと出て、本人が在籍している、または用事によって不在していることを告げてくれればそれで審査に通ります。そのため、会社が本人の事情を知ることは絶対にありませんし周囲にお金を借りることがバレることもないのです。