キャッシングと総量規制の関係について

キャッシングを検討しようとして色々と検索やサイトを覗いてみると、よく目にする言葉として総量規制というものがあると思います。始めてキャッシングを利用する人にとってはイメージからどんなものかが分かりにくいのですが、これはキャッシングの申し込みから借り入れまで多くに影響するので知っておかないといけないものだと思います。

まず総量規制の歴史について簡単に説明していきましょう。総量規制というのは貸金業法に定められている項目であり、バブル時代の行き過ぎた借り入れから闇金やグレーゾーン金利などの問題から平成18年に改定がなされることになりました。ここで新たに制定されたのが過剰貸付けの抑制という内容である総量規制なのです。主な内容としては幾つかあって、一定金額以上の借り入れの場合における源泉徴収票などの提出の義務化・年収の1/3以上の貸付の原則的な禁止・例外事項、というものがあります。これが実際のキャッシングにどう影響していくのが詳しく述べていきたいと思います。

まず最初に出てきた一定金額以上の借り入れの場合における源泉徴収票の提出ですが、これに関しては借り入れの返済能力がしっかりとあるかどうかを正確に審査するという意味合いがあるので、これにより収入が少ない人が鯖を読んで高額の借り入れを申し込むことは出来なくなるというものです。キャッシングのお店によって異なるのですが、源泉徴収票や収入証明などが必要になってくる借り入れ金額は大体一社で50万円以上のところが多く、他社と合わせる場合には100万円以上から必要となるケースが多いそうです。逆に言うと50万円以下の場合に関しては収入証明が不要で本人確認書類のみでキャッシングが簡単に可能となるので、これがいわゆる即日融資のキャッシングが便利で流行りになっている原因だとも言えます。

二つ目にある年収の1/3以上の借り入れが出来ないというものですが、これも過剰な貸付や借り入れを抑制することによって消費者が金融トラブルに陥らないようにするのが目的なわけです。これにより正社員などにかんしては借り入れ金額にはあまり問題がないとはおもわれますが、一番影響を受けるのが主婦やアルバイトなどの収入が比較的少ない方々だと思われます。年収に比例するために以前のように多額の借り入れは当然できなくなりましたが、それは過度な借り入れによる金融トラブルを防ぐためなので致し方無いことなのです。

最後に例外事項として総量規制対象外のキャッシングが存在するということを覚えておくといいと思います。総量規制がかかるキャッシングはアコムやレイクなどの消費者金融系というものでありますが、総量規制対象外となるものとして例外が認められているキャッシングには銀行系のカードローンがあります。これは年収の1/3以上の借り入れでも審査で認められれば通る可能性があるというものです。勿論常識的な範囲での借り入れの増額となりますが、お金が多く必要にになることもあると思いますので覚えておくといいと思います。

このように総量規制は源泉徴収票の提出や年収の1/3以上の借り入れの禁止などがあり、これを満たさない場合には当然のごとくキャッシングの審査やカード発行はほどんどの場合には不可能となるのです。