カードローン審査と雇用形態について

カードローン審査に通過してキャッシングを行うには、審査時に業者から返済能力を認めてもらう事が必要になります。

この時に問われるものは、年齢や年収、職種、在籍年数、借金履歴等のように誰が見ても客観視出来る要素を合わせてチェックする事になりますから、何となく気にいったとか、顔が好み、喋り方や仕草が良いというような主観判断で評価が分かれるような要素で決定する事はなく、あくまで返済能力は客観視出来る要素で判断します。

雇用形態でカードローン審査に通らない理由があるかどうか心配な方も居ますが、一般的に安定した職業で在籍年数が長くて高収入な方は審査で有利な事は間違いなく、金融業者側からすると貸し倒れのリスクも少ない属性が高い客という事になります。

逆に言えば自営業等のように収入に波がある職種等はリスクがあると見なされて、公務員や上場企業の安定した正社員等よりも収入が大きくても審査で慎重になられる可能性があります。

そうなるとアルバイトやパート、派遣バイトのように収入が低めで雇用形態が不安定な方の場合、カードローン審査に通らないのかというとそういうわけではなく、契約の範囲内のキャッシングならば行う事も出来ますし、一般的に審査に厳しくて低金利な銀行カードローンでも、アルバイトやパート、派遣の方でも利用している例も多く、審査が柔軟な消費者金融を利用している方も多いです。

大きな融資を求める場合は年収や職種等もさらに細かく見られる事になりますが、小口のキャッシングを行う時には安定した収入の流れを持っていれば問題無く、正社員等よりも給料が低い事も問題ではないですし、重要な事は収入の流れを持っている事です。

派遣バイト等で収入があったとしても、在籍期間があまりにも短い段階での申し込みの場合は審査に落ちる可能性がありますし、半年から1年程の在籍をしてから申し込みを行った方が通る可能性が高くなりますし、キャッシングを行いたい時には1社から50万円、複数社合わせて100万円より大きな借金で無ければ収入証明書を提出しなくても良いですし、運転免許証等の身分証明を行えば大丈夫ですから収入面を問われる事も無いです。

借金履歴は重要な要素であり、現在の借り入れ件数や過去の返済履歴等は審査に深く関係があり、借り入れ件数が多かったり、過去の返済時に延滞や遅延、債務整理経験があるような金融事故を起こした方は審査で厳しくチェックされてしまいますから、こういう方の場合は高収入な公務員や正社員のように安定した職業で在籍期間も長くて収入が多くても、審査に見送られる可能性があります。

キャッシングを行いたい時には借り入れ件数を整理して少なくしたり、普段から支払関係で延滞等もせずにルール通りに使う事が望ましいですし、初借り入れ時の時ならば一定の在籍期間があって収入の流れを持っており、過去の借金歴等に問題が無ければバイトやパート、派遣バイトの方でも通る可能性は高いでしょう。