それほど気にすることはない総量規制

キャッシングの申し込みをする時に気になるのが、総量規制です。貸金法が変わったことで、年間の所得と比例して、キャッシングで借りられる金額が制限されるようになりました。ですから、今までたくさんのお金を借りていた人は、追加の融資が受けられなくなったり、収入を証明する書類を提出する必要があったりと大変だったりします。

しかしながら、総量規制のことを気にかける必要は、世の中で騒がれているほど多くはありません。総量規制は所得の1/3の金額以上の融資を受けられないというルールなのですが、一般的にお金を借りている方にとってはその制限を超えるくらいにお金を借りることは稀です。

例えば300万円の所得をもらっている方であれば、100万円の融資が受けられるという計算になりますが、それくらいの額を借りるということは、よっぽどのことがあるわけです。こうした特別な事情を考えてみれば、それほど気にすることはありませんし、ちゃんと会社側からストップをかけてくれるので、借りすぎを強制的に抑えることができて便利だったりします。

総量規制は、すべての会社に共通していて、全部の融資額の合計が限度額を超えるかどうかで判断されます。ですから、お金の管理のためにこのルールを利用することも良いかもしれません。