消費者金融利用時の収入証明書類等の提出

CM等で馴染みのある大手消費者金融を利用したいという方は居ますし、こうした大手業者は社会的にも信用が高いですから法律の範疇での取引を行っている安全性の高い業者であり、初心者の方でも安心して取引を行えるというメリットがあります。

消費者金融利用を希望する時にはカードローン審査があり、その審査に通過する事によってキャッシング等のサービスを受ける事が出来ますが、審査の流れの中には提出するべき書類があります。

この書類には様々なものがあり、受けたいサービスや本人の状態によって必要なものは違ってきますが、一般的には一社から50万円、複数社合わせて100万円以上の借金を希望する場合には収入証明書の提出が必要となり、このラインが線引きとなって収入証明書類の提出が必要かどうかが決まります。

ですから希望金額がそのラインよりも低い場合は収入証明書類は提出せずに、運転免許証等の身分証明証を提出するだけでキャッシング等を利用する事が出来ますから、この希望額については知っておいても良いでしょう。

借金の使い道が解る目的別のローンの場合は金利設定も低くなりますが、こうしたサービスを利用する時には収入証明の他にもサービス購入のものを証明する書類が必要になったり、消費者金融では収入の3分の1以上の借り入れが出来ないという総量規制がありますが、おまとめローンのように複数社の借金を一本化して金利を下げて返済しやすくするサービスを利用する時は、総量規制対象外で大きな借金が可能であり、この時にも収入証明書類は必要になります。

このように用途や状況によって収入証明書類が必要か必要でないかは変わって来ますから、業者の指示に従って書類を準備する事が必要です。

身分証明書は必ず必要なものであり、大きい借り入れでも小さい借り入れでも必須ですから、運転免許証を用意したり、免許証が無い場合は保険証やパスポート等、免許証代わりになるものを用意すれば大丈夫です。

消費者金融だけではなく銀行でも同様に必要に応じて収入証明書が必要であり、銀行の場合は無職無収入状態の専業主婦でも配偶者の収入を証明する事で融資を受ける事が可能であり、こういう場合は配偶者と婚姻関係がある事や収入を証明する書類の提示が必要になり、少ない金額の融資を希望する場合でも証明書類が必要となります。

お金が必要な時には業者が定める書類提出は必須であり、最近では審査時の書類提出は郵送だけではなく、ネット経由で送信する事でも受け付けて貰える仕組みもありますから、業者に一度も行かず郵送もせずに写メール等で書類を撮影して、それをメール添付したりアプリ利用する事で取引が可能になっていますから、非常に利便性が高い仕組みが整っている状態です。

大手消費者金融ではネット対応が進んでいますから、こうしたサービスを活用して審査に挑むと良いですし、必要書類の提出や審査の進捗はWEB完結で行うのも良いでしょう。