安定した収入と他社の債務状況が重要

一般的なキャッシング会社では、明確に申し込み者の年収を限定していることはまずありません。その為、年収がいくらの人でもキャッシングに申し込むことが出来るという解釈になります。

とはいえ、やはり年収が低すぎる場合は審査で色良い返事がもらえない可能性が高くなってしまいます。特に消費者金融で扱われているキャッシング商品は総量規制によって貸付金額が制限されるので、必要な金額をしっかり借りる為には、ある程度の年収があった方が良いでしょう。

近年の傾向として、キャッシングの申し込みはパートやアルバイトの人でも可能になっているのが一般的です。パートやアルバイトで得られる収入はやはり限られており、年収としては100万円程度の方も星の数ほど存在しています。パートやアルバイトでも申し込むことが出来るとされているキャッシング商品なら、特に年収が記載されていない場合は年収100万円以上得ていれば充分に融資が受けられる可能性があると言えそうです。

もちろん、年収が多い方が審査は通過しやすいと言って良いと思います。年収が多い方が返済資金も作りやすくなるはずですから、結果的に年収が多い消費者の方が審査も通過しやすくなる傾向は否定できません。

収入に関しては、キャッシングの審査でより重視されるのは収入の安定性です。一時的に高額な収入を得ていても、安定性が欠ける場合は審査で落とされてしまうケースも考えられます。安定的な収入を得ている消費者なら返済資金の為の財源が確保されている状態であると言えるわけですから、返済能力への評価も高くなります。その為、年収が多少低めでも、安定収入があればすんなりキャッシングの審査に通過できることも少なくないようです。

収入が安定しているかどうかを審査で判断する材料の一つとなるのが、勤続期間です。勤続期間が長い労働者は、その間ずっと安定した収入を得ていたことが裏付けられています。もちろん、その実績に基づいて今後も安定した収入を得続ける可能性が高いと判断されるでしょう。

しかし、勤続期間が短い方の場合は継続的な収入の実績が少ないため、収入の安定性が乏しいと判断されても仕方がありません。理想は一年以上の勤続年数になっている状態ですが、それが無理な場合は、最低でも半年は勤続期間を得ていることが望ましいと言えます。

また、収入状況以上に審査で重視されるのが他社からの債務状況です。既に他社からの融資を受けている方は、審査に影響が出る可能性が高くなります。1件や2件の少額融資を受けているだけならそれほど心配する必要はありませんが、3件以上の借り入れになると審査に通過することが難しくなると言わざるを得ません。

既に存在している他社からの債務は、返済能力に大きな影響を及ぼします。たとえ収入が安定していても他社からの債務がある場合は審査に通過できない可能性もあるので、キャッシングの審査ではこの部分が最も重要なポイントと言えると思います。

他社からの債務がなく、尚且つある程度の安定した年収がある方なら、キャッシングの審査は比較的通過しやすいと言えるでしょう。