転職スタンスによっては審査で不利な判定を受けることも

まず、転職者に限らず初回申し込みの方に対して、消費者金融はそう大きな金額を貸してくれません。一般的な相場としては凡そ50万円だと言われています。

ところで、なぜ50万円なのでしょうか。それは貸金業法が深く関係しており、一度に50万円以上の融資を行う場合、消費者金融は資金需要者の収入証明を求めなくてはならないと規定されているからです。その為、業界全体の傾向として初回利用者に対して50万円以上の融資を行う事はとても珍しいと言えるのです。

では、これを転職者のケースに当てはめるとどうなるか考えてみましょう。通常、消費者金融がお金を融資するにあたって、最も重視するポイントは「ちゃんと返してくれる人か」という点です。キャッシングやカードローンは、全額返済が済むまでに相応の期間がかかりますから、その間安定的にお金を稼いでくれそうな人にお金を貸したいと考えているのです。

その為、一般的に転職者は不利な判定を受けてしまいます。転職者が転職を決断する理由は様々ですが、消費者金融から見るとその理由まで個別に判断する事はできません。もし、ネガティブな理由で転職をしてしまい、その後も入退社を繰り返すような人であった場合、お金が返ってくる確率はグッと下がってしまいますからね。転職者は消費者金融から見ると、あまり良いお客さんではないと考えてしまうのも無理はありません。

したがって、一般的に転職者が受ける事ができる融資上限額は、50万円より下がってしまうケースが多いです。30万円、あるいは10万円なんて審査結果を通知される事もあるでしょう。当然、一度そのように判断をされてしまったら、限度額を引き上げる為に半年から1年間の返済実績を作る形しか採りうる対策はありません。転職者であっても継続的に返済実績を積み重ねる事で、50万円あるいはそれ以上の上限額を得る事は可能ですから、地道に信頼関係を築きましょう。

なお、これは小手先のテクニックではありますが、前職の収入証明等を提出する事で審査時の上限金額を有利に運ぶ方法も存在します。同時に転職の理由を説明し、転職先が異業種などではなく大手である場合などは、一貫性が保てますから限度額をポジティブに見積もってくれる可能性もあるでしょう。一般的な採用面接でもプラスに見積もってくれそうなケースである場合は、消費者金融の担当者もプラスに考えてくえるケースがほとんどです。

また、転職の性質によってはいきなり50万円近く、或いはそれ以上の上限額の設定を受けるケースも存在します。例えば、転職先が官公署や超有名企業などのほぼ確実な返済が見込まれる事例などにおいては、消費者金融も喜んで融資してくれます。

とはいえ、一般会社員が公務員に転職するというケースは、そう滅多にあるものではありませんし、若いうちでなければ事実上不可能です。また、超有名企業への転職に成功する方はあまりお金には困らないでしょう。消費者金融の利用者は30代~40代の方が大半を占めますから、あくまで例外と考えると良いでしょう。