『利用頻度が多い=優良顧客』ではない!頻繁な利用は信用度を下げる!

銀行カードローンやフリーローン、消費者金融のキャッシングローンを契約する際、重要になることは信用度や返済能力の有無です。
如何に返済能力があったとしても、金融取引において信用度が低ければ、審査落ちするのが実態です。

そもそも、信用度を高めるためには金融商材の契約すなわちクレジットカードやキャシングローンの利用が必要になります。
しかし、利用にも限度があり、返済をしっかりと行っているものの、利用頻度が多い方は融資リスクが高いと判断されてしまいます。
結果として、審査に通過し難いだけではなく、高い金利での借り入れとなってしまい、返済時の負担増加に繋がってしまいます。

そのため、現金を借り入れ出来るローン商品については、必要以上に借り入れをしないだけでなく、完済するまで追加での利用を避けるなど返済管理が重要となります。
より低い金利で借り入れを将来的に検討するのであれば、適度な借り入れで信用度を高めるだけでなく、契約更新で金利見直しが望めないものは解約するといったことが重要になります。
解約といった情報は、個人信用情報においてペナルティになるものでは無いため、『いつか利用するときがくる』や『利用しないけど持っていれば安心』といった方は早めの解約がおすすめです。

特に預貯金出来る状態であれば、きっぱりと解約し、必要な時に新規契約をすればいいだけです。
現在では、審査スピードも早くなっているため、解約すること自体のデメリットは非常に少なくなっています。